本文へスキップ

海外旅行の参考サイト LovelyPlanet

セネガル共和国 Republic of SenegalHEADLINE

基本情報

首都 Dakar
(カナ) ダカール
面積(k㎡) 196,710
面積ランキング 87位
人口(人、2013年) 14,133,280
人口ランキング 72位
UTC/GMT +00:00
サマータイム なし
通貨 CFAフラン(XOF)
公用語 フランス語
国際電話国番号 221
通行車線 右側


 
     セネガルの国旗


セネガルの位置と地図

セネガルの写真集

セネガルの紙幣


《為替レート》
1フラン ≒ 0.20円(2017年7月1日現在)






観光情報

旅の季節

セネガルは北の貿易風の通り道となるため、緯度の割にはあまり暑くありません。雨季と乾季に分かれますが、雨季は約4ヶ月と短いです。年間を通して気温に大きな変化はないので、乾季は11月から5月頃までですが、4月から5月にかけてはサハラ砂漠から吹くハルマッタンと呼ばれる熱風により、砂塵がひどくなる時もあるので、観光シーズンとしては、11月から3月頃までが良いでしょう。
     

主な見どころ

世界遺産
ゴレ島
ニオコロ-コバ国立公園
ジュッジ国立鳥類保護区
サン-ルイ島
セネガンビアのストーン・サークル群
サルーム・デルタ
バサリ地方:バサリ族、フラ族、ベディック族の文化的景観

観光ビザ

2013年7月1日以降、ビザ(生体認証査証)が必要となりました。これは、事前にインターネットの専用サイトで必要事項を入力の上、手数料52.5ユーロをクレジットカードで支払い、メールで送付されてきた証明書、往復航空券(Eチケット)の写し、ホテルの予約確認書等を準備して、入国の際に生体認証登録を行った上で、ビザの発給を受けるというものです。なお、この手続きはインターネットでのみ可能で、日本のセネガル大使館に直接行ってもビザはもらえません。また、基本的に発給されるビザはシングルビザとされています(マルチプルが必要な場合には、入国時に係官に直接事情を話して発給してもらうことも可能のようですが、係官によって対応はまちまちのようです)。
いずれにしろ、導入後の評判も芳しくないようで、今後、運用等が変更になることも考えられますので、詳しいことは、外務省海外安全ホームページ(セネガル)でご確認下さい。
なお、入国時のパスポートの残存有効期間は6ヶ月以上必要です。

フライト情報

首都ダカールを含め日本からの直行便はありません。欧州主要都市からの便も多くありますが、料金を考えると、イスタンブール(トルコ航空)、ドバイ(エミレーツ航空)経由が妥当だと思います。

安全情報

南部カザマンス地方を除き、ほぼ問題ありません。詳しくは外務省海外安全ホームページ(セネガル)をご覧下さい。

一口コメント

西アフリカ初心者にお薦めの国です。見どころは北のサンルイから南のガンビア国境付近まで散らばっていて移動に時間が掛かりますが、人々は意外に(と言っては失礼なほど)親切で、旅行者にも慣れているようで通常危険はほとんど感じません。難点は、移動手段がSept Placeと呼ばれる乗り合いタクシーがメインになってしまうので移動にかかる費用が若干高いことと、ほぼフランス語しか通じないところ。
なお、ダカールはただの都会で何もないので、ダカール宿泊を考えるなら、フェリーで20分のゴレ島での宿泊が格段にお薦めです。

渡航履歴

2014年3月
2014年4月


スポンサーリンク

ホテルを検索する

チェックイン日

チェックアウト日