本文へスキップ

海外旅行の参考サイト LovelyPlanet

モンテネグロ共和国  Republic of Montenegro

基本情報

首都 Podgorica
(カナ) ポドゴリツァ
面積(k㎡) 13,810
面積ランキング 159位
人口(人、2013年) 621,383
人口ランキング 166位
UTC/GMT +01:00
サマータイム あり
通貨 ユーロ(EUR)
公用語 モンテネグロ語
国際電話国番号 382
通行車線 右側


 
    モンテネグロの国旗


モンテネグロの位置と地図

モンテネグロの写真集

モンテネグロの紙幣


《為替レート》
1ユーロ ≒ 128.05円(2017年7月1日現在)






観光情報

旅の季節

モンテネグロは地中海性気候で、アドリア海沿岸部では温暖ですが、山間部では夏でも夜は寒くなることが多いので服装には注意が必要です。観光には、気温も穏やかで過ごしやすく、雨も少ない5月から9月くらいが望ましいと思います。
     

主な見どころ

世界遺産
コトルの自然と文化-歴史地域
ドゥルミトル国立公園

観光ビザ

短期(90日以内)の旅行ではビザは必要ありません。
詳しくは、外務省海外安全ホームページ(モンテネグロ)でご確認下さい。

フライト情報

日本からモンテネグロへの直行便はありません。ヨーロッパ主要都市からポドゴリツァへのフライトはありますが、モンテネグロだけを観光する方は少ないと思いますので、クロアチアのドゥブロブニクなどから陸路で入国するのが良いでしょう。大型で快適なバスが近隣諸国の主要都市との間を結んでいます。

安全情報

ほぼ問題ありません。詳しくは外務省海外安全ホームページ(モンテネグロ)をご覧下さい。

一口コメント

バルカン諸国大好きな私にとって、モンテネグロも例外ではなく、特にアドリア海沿岸の景色などは気に入っているのですが、唯一の問題として、他の旧ユーゴスラビア国家と違い、通貨にユーロを導入してしまったことです。結果的に、近隣のアルバニア、ボスニア・ヘルツェゴビナ、セルビアなどと比べて、どういうわけか物価が異常に高いです。特にアルバニアから入国したときには、その価格差に呆然として、缶ジュースを飲むのも躊躇ってしまいました。為替のことはよくわからないのですが、くれぐれも残念です。

渡航履歴

2008年3月
スポンサーリンク

ホテルを検索する

チェックイン日

チェックアウト日