本文へスキップ

海外旅行の参考サイト LovelyPlanet

ブラジル連邦共和国 Federative Republic of Brazil

基本情報

首都 Brasilia
(カナ) ブラジリア
面積(k㎡) 8,515,770
面積ランキング 5位
人口(人、2013年) 200,361,925
人口ランキング 5位
UTC/GMT -02:00~-05:00
サマータイム 一部あり
通貨 レアル(BRL)
公用語 ポルトガル語
国際電話国番号 55
通行車線 右側


 
    ブラジルの国旗


ブラジルの位置と地図

ブラジルの写真集

ブラジルの紙幣


《為替レート》
1レアル ≒ 33.89円(2017年7月1日現在)






観光情報

旅の季節

ブラジルはとても広く、地理的にも多様であるため、国内でも地域によって気候は大きく異なります。ただ、全体の傾向として降雨量は夏期(11月から4月頃)に多く、冬期(5月から10月頃)に比較的少なくなります(例外的に、中部大西洋岸のサルバドールなどでは、逆に4月から7月にかけてが雨期になります)。夏期は気温も高くなりますので、観光には、気温も比較的穏やかで、雨量も比較的少ない冬期がお薦めです。
     

     
     
     

     

     
     

主な見どころ

世界遺産
古都オウロ・プレト             ・オリンダ歴史地区
グアラニーのイエズス会伝道施設群:サン・ミゲル・ダス・ミソオエス遺跡群(ブラジル)
サルヴァドール・デ・バイア歴史地区     ・ボン・ジェズス・ド・コンゴーニャスの聖所
イグアス国立公園              ・ブラジリア
カピバラ山地国立公園            ・サン・ルイス歴史地区
ディアマンティーナ歴史地区         ・サウス-イースト大西洋岸森林保護区群
ディスカヴァリー・コースト大西洋岸森林保護区群 ・中央アマゾン保全地域群         ・パンタナル保全地域             ・ゴイアス歴史地区
ブラジルの大西洋諸島:フェルナンド・デ・ノローニャとロカス環礁保護区群
セラード保護地域群:ヴェアデイロス平原国立公園とエマス国立公園
サンクリストヴォンの町のサンフランシスコ広場
リオデジャネイロ:山と海の間のカリオッカの景観

観光ビザ

日本人がブラジルに入国するにあたっては、目的にかかわらずビザが必要です。
詳しくは、駐日ブラジル大使館ホームページ外務省海外安全ホームページ(ブラジル)でご確認下さい。
なお、米国を経由する場合は、ただの乗り継ぎであっても、事前(出発前)に米国の電子渡航認証システム(ESTA)に従って申請を行ない認証を受けている必要があります。因みに、ESTAは、一度認証を受けると2年間(ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合はパスポートの有効期限日まで)有効となります。
詳しくは、外務省海外安全ホームページ(米国)及び在日米国大使館のウェブサイトをご確認下さい。
ESTAは専用のウエブサイトから申請することができます。こちらもご参照下さい。

フライト情報

日本からリオデジャネイロ、サンパウロ等を含むブラジル各都市への直行便はありません。ブラジルは、日本から見るとちょうど地球の裏側に位置するため、カタール(カタール航空)、アブダビ(エティハド航空)、ドバイ(エミレーツ航空)経由など中東の航空会社による西回りでの渡航、又は米国やメキシコ系航空会社による北米主要都市経由による東回りの渡航となります。

安全情報

ブラジルは全国的に非常に犯罪発生率の高い国で、特に都市部では、銃器を使用した強盗。短時間誘拐事件等が昼夜を問わず頻発しています。その中でも、特に、ファべーラと呼ばれるスラム街は非常に危険ですので絶対に立ち入らないことをお薦めします。
詳しくは外務省海外安全ホームページ(ブラジル)をご覧下さい。

一口コメント

イグアスの滝を2度、その他リオデジャネイロ、サンパウロを訪問しました。リオとサンパウロはイメージ通りの危なげな町でした。しかし、リオは、ポン・ジ・アスカール、コルコバードの丘ともに非常に素晴らしい印象を受けました。コパカバーナ海岸はどこにでもある海岸という風情でした。
イグアスの滝については、2度ともとても感動しました。アルゼンチン側とブラジル側から楽しめ、一般的にはアルゼンチン側の方が良いという評判ですが、個人的にはブラジル側の方が好きです。
ブラジルで一番お薦めなのはシュラスコです。最近、日本でも本格的なシュラスコ屋が流行りだしているようですが、食べ放題で1,000円くらいからという店もあり、安くて気軽に楽しめるので、是非その雰囲気とともに味わってみて下さい。

渡航履歴

1998年6月
1998年12月
2013年10月
スポンサーリンク

ホテルを検索する

チェックイン日

チェックアウト日