本文へスキップ

海外旅行の参考サイト LovelyPlanet

インドネシア共和国 Republic of IndonesiaHEADLINE

基本情報

首都 Jakarta
(カナ) ジャカルタ
面積(k㎡) 1,910,930
面積ランキング 14位
人口(人、2013年) 249,865,631
人口ランキング 4位
UTC/GMT +07:00~+09:00
サマータイム なし
通貨 ルピア(IDR)
公用語 インドネシア語
国際電話国番号 62
通行車線 左側


 
   インドネシアの国旗


インドネシアの位置と地図

インドネシアの写真集

インドネシアの紙幣


《為替レート》
100ルピア ≒ 0.84円(2017年7月1日現在)






観光情報

旅の季節

インドネシアは赤道近くにあり、基本的には常夏の国ですが、雨季と乾季があります。また、東西に長く、島によって雨季が異なりますので注意が必要です。ただ、一般的にジャカルタやスラバヤ(ジャワ島)、デンパサール(バリ島、以下の気候図ではロンボクに近い)など、ほとんどの観光地では5月から9月頃までが乾季となっていますので、観光にはこの時期が望ましいといえます。雨季には、度々洪水なども発生し、道路の状況なども悪くなるので避けた方が良いでしょう。
     

     

     

      

     

主な見どころ

世界遺産
ボロブドゥル寺院遺跡群
ウジュン・クロン国立公園
コモド国立公園
プランバナン寺院遺跡群
サンギラン初期人類遺跡
ロレンツ国立公園
スマトラの熱帯雨林遺産
バリ州の文化的景観:トリ・ヒタ・カラナ哲学に基づくスバック灌漑システム

観光ビザ

ビザは必要ですが、到着時の空港で取得可能です。なお、ガルーダ・インドネシア航空では機内での取得が可能ですので、空港到着時の待ち時間を省略できます。ただし、ビザの取得に当たっては、入国時のパスポートの残存有効期間が6ヶ月以上必要です。
詳しくは、駐日インドネシア大使館及び外務省海外安全ホームページ(インドネシアビザ)でご確認下さい。

フライト情報

成田、羽田他、日本各地から、ジャカルタ、デンパサール(バリ)への直行便(日本航空、全日空、ガルーダ・インドネシア)が出ている他、ソウル(大韓航空)、香港(キャセイパシフィック航空)、クアラルンプール(マレーシア航空)、シンガポール(シンガポール航空)等を経由しても比較的便利にアクセスできます。

空港から市内へ


ジャカルタ(スカルノ・ハッタ国際空港)
空港は中心地から35kmほど西にあり、鉄道はないためバスかタクシーでの移動となりますが、平常時で1時間程度、渋滞していると2時間近くかかることもあります。バスは Damri 社が Rp.30,000程度の料金で市内数カ所に向けて各15~30分間隔で運航している他、Bogor(Rp.65,000程度)や Bandung(Rp.130,000程度)など各都市への便もあり便利です。なお、タクシーを利用するとジャカルタ中心部まで Rp.200,000程度かかります。(2014年9月現在)

デンパサール(ングラ・ライ国際空港)
バスなどの公共交通機関はなく、エアポート・タクシーを利用することになります。クタまで約15分でRp.70,000、ウブドまで約1時間でRp.250,000ですが、復路は、地元の各ツアー会社が空港行きのミニバスを運行していて、ウブドからだとRp.60,000/人で利用できます。(2014年9月現在)

安全情報

近年は大きなテロ事件は発生していませんが、特にジャカルタなどの都市部ではタクシーやミニバスでの強盗、強姦などは非常に多発しています。特にタクシー乗車の際には、必ず信頼のおける会社の車両を選んで下さい。詳しくは外務省海外安全ホームページ(インドネシア)をご覧下さい。

一口コメント

インドネシアは多民族国家ですので、島や地域によって、文化や風習も随分違います。多くの観光客はバリ島、ロンボク島、コモド島などの島々、あるいはボロブドゥールやプランバナンなどの世界遺産を訪問されるのが精一杯かもしれませんが、ジャワやスマトラにも他に見どころはたくさんありますし、スラウェシ島、パプア島、ヌサトゥンガラ諸島なども素朴で魅力的です。是非いろいろ訪れてみて下さい。なお、ジャカルタ近郊には残念ながらあまり見どころはありません。空港から中心部までも時間が掛かりますので、余程強い思い入れのある方以外は、トランジットだけに留めておいた方が無難だと思います。

渡航履歴

2005年5月
2011年4月
2011年5月~9月
2011年10月~12月
2012年1月~8月
2014年8月~9月
スポンサーリンク

ホテルを検索する

チェックイン日

チェックアウト日