本文へスキップ

海外旅行の参考サイト LovelyPlanet

フランス領ポリネシア French Polynesia

基本情報

首都 Papeete
(カナ) パペーテ
面積(k㎡) 4,000
面積ランキング 172位
人口(人、2013年) 276,831
人口ランキング 179位
UTC/GMT -10:00
サマータイム なし
通貨 CFPフラン(XPF)
公用語 フランス語
国際電話国番号 689
通行車線 右側


 
    フレンチポリネシアの旗


フレンチポリネシアの位置と地図

フレンチポリネシアの写真集

フレンチポリネシアの紙幣


《為替レート》
1フラン ≒ 1.07円(2017年7月1日現在)






観光情報

旅の季節

タヒチには乾季(5月から10月頃)と雨季(11月から4月頃)があります。年間を通して、気温の変化はあまりないので、湿度が低く過ごしやすい乾季が観光には適しています。

*タヒチはフレンチポリネシアの主島の名前ですが、フレンチポリネシア一帯が一般的にタヒチと呼ばれていることもあり、ここでは、フレンチポリネシアをタヒチと呼ぶことにします。なお、必要に応じて、タヒチ島について記述する場合には、タヒチ島と表記させて頂きます。
     

主な見どころ

世界遺産
・なし

その他
・ボラボラ島
・モーレア島
・ランギロア島
・フアヒネ島

観光ビザ

短期(90日以内)の観光目的の旅行ではビザは必要ありません。
詳しくは、外務省海外安全ホームページ(タヒチ)でご確認下さい。

フライト情報

タヒチの航空会社エア・タヒチ・ヌイが成田からパペーテへの直行便を週2便往復運行しています。
他社による乗り継ぎ便もありますが、あまりリーズナブルとは言えません。

安全情報

ほぼ問題ありません。詳しくは外務省海外安全ホームページ(タヒチ)をご覧下さい。

一口コメント

さすがに南の島の王者、新婚旅行の最高の人気地というにふさわしいレベルだと思います。ボラボラ島が有名ですが、他の島もそれぞれ魅力的です。目的地は、島を選ぶというよりホテルを選ぶ感覚で臨んだ方がいいと思います。なお、私達の場合、同じホテルで同じ値段の水上バンガローとキャビンに宿泊してみましたが、やはり水上バンガローの方が日本人向けだと思います。

渡航履歴

2002年9月
スポンサーリンク

ホテルを検索する

チェックイン日

チェックアウト日