本文へスキップ

海外旅行の参考サイト LovelyPlanet

ボリビア多民族国 Plurinational State of Bolivia

基本情報

首都 La Paz
(カナ) ラパス
面積(k㎡) 1,098,580
面積ランキング 27位
人口(人、2013年) 10,671,200
人口ランキング 81位
UTC/GMT -04:00
サマータイム なし
通貨 ボリビアーノ(BOB)
公用語 スペイン語・ケチュア語・
アイマラ語・グアラニー語
国際電話国番号 591
通行車線 右側


 
    ボリビアの国旗


ボリビアの位置と地図

ボリビアの写真集

ボリビアの紙幣


《為替レート》
1ボリビアーノ ≒ 15.84円(2017年7月1日現在)







観光情報

旅の季節

ボリビアには雨季と乾季があり、首都ラパスでは5月から8月頃、観光地として有名なウユニでは4月から11月頃までが乾季となります。観光にはどちらも乾季が適していますが、ウユニに関しては雨季の雨上がりの景色が非常に美しいので、1月から3月頃もベストシーズンと言えます。ただし、どちらも非常に高地に位置しているため、1年を通して昼夜の寒暖の差が非常に激しいので、服装には注意が必要です。

     

主な見どころ

世界遺産
ポトシ市街
チキトスのイエズス会伝道施設群
古都スクレ
サマイパタの砦
ティワナク:ティワナク文化の宗教的・政治的中心地
ノエル・ケンプ・メルカード国立公園

その他
・ウユニ塩湖
・チチカカ湖
・ラパス市街

観光ビザ

短期(90日以内)の旅行ではビザは必要ありません。ただし、入国時のパスポートの残存有効期間は6ヶ月以上必要です。
詳しくは、外務省海外安全ホームページ(ボリビア)でご確認下さい。
なお、米国を経由する場合は、ただの乗り継ぎであっても、事前(出発前)に米国の電子渡航認証システム(ESTA)に従って申請を行ない認証を受けている必要があります。因みに、ESTAは、一度認証を受けると2年間(ただし、2年以内にパスポートの期限が切れる場合はパスポートの有効期限日まで)有効となります。
詳しくは、外務省海外安全ホームページ(米国)及び在日米国大使館のウェブサイトをご確認下さい。
ESTAは専用のウエブサイトから申請することができます。こちらもご参照下さい。

フライト情報

日本から首都ラパスを含むボリビア各都市への直行便はありません。米国系航空会社による米国主要都市経由、又はアエロ・メヒコ航空利用によるメキシコシティ乗継ぎなどが一般的です。

安全情報

他の南米諸国と比較すると凶悪犯罪は少ないですが、十分な注意が必要です。
詳しくは外務省海外安全ホームページ(ボリビア)をご覧下さい。

一口コメント

ペルーと並んで独特の民族衣装に身を包んだ人々が多く暮らすボリビアは、私の最も好きな国の一つです。交通インフラが整っていないため、移動に時間が掛かったり危険な悪路も多いですが、どこの町も非常に魅力的です。最近特に有名な観光地であるウユニ塩湖は、乾季の乾燥した白い六角形の模様と雨季の雨上がりの鏡のような湖面の美しさを楽しむことが出来ますが、どちらも観たいということであれば、最低でも2回訪れる必要があります。特に雨季は雨が止まないと話にならないので、余裕を持った行程確保が必要です。

渡航履歴

1998年6月
2017年9月
スポンサーリンク

ホテルを検索する

チェックイン日

チェックアウト日