本文へスキップ

海外旅行の参考サイト LovelyPlanet

世界の紙幣・貨幣 フランス共和国HEADLINE


フランスの通貨は、ユーロ(Euro、通貨記号「€」、通貨コードEUR)で、補助単位としてセント(Cent)があります(100セント=1ユーロ)。
ユーロは、ユーロ圏 19か国(オーストリア、ベルギー、キプロス、エストニア、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、ラトビア、リトアニア、ルクセンブルグ、マルタ、オランダ、ポルトガル、スロバキア、スロベニア、スペイン)並びに モナコ、サンマリノ、バチカンの3か国 で公式に使用されています。また、アンドラ、コソボ 及び モンテネグロの3か国やユーロ圏の国々の海外領土などでも法定通貨とされています。
フランスの海外領土のうち、グアドループ、フランス領ギアナ、マルティニーク、マイヨット、レユニオン、サン・バルテルミー、サン・マルタン、サン・ピエール・ミクロンなどでもユーロが使用されています。

フランスは 1999年に ユーロを導入しました(現金導入は2002年)が、それ以前の通貨はフランス・フラン(French Franc、通貨記号「F」又は「FF」、通貨コードFRF)、補助単位はサンチーム(Centime))でした(100サンチーム=1フラン)。
なお、旧通貨からユーロへの交換比率は、1ユーロ= 6.55957 フランでした。

【為替レート】1ユーロ ≒ 128.05円(2017年7月1日現在)

紙幣


ユーロが使用されている国と地域では、2017年現在、5、10、20、50、100、200 及び 500ユーロの7券種の紙幣が流通しています。ただし、200 及び 500ユーロを見かけることはほとんどありません。
なお、ユーロ紙幣は、ユーロ硬貨と違って発行国毎にデザインが異なることはありませんが、シリアルナンバーの先頭の文字で発行国がわかるようになっており、フランスで発行されたユーロ紙幣の頭文字は U となっています。

ユーロ紙幣のデザインは欧州中央銀行ホームページでご確認下さい。


過去に発行された紙幣
FF10 #150(1976年)
FF20 #151(1991年)
FF50 #152(1979年)
FF100 #154(1992年)
FF50 #157A(1997年)
FF100 #158(1998年)
FF200 #159(1999年)


スポンサーリンク

ホテルを検索する

チェックイン日

チェックアウト日