本文へスキップ

海外旅行の参考サイト LovelyPlanet

旅の写真集  グレナダHEADLINE

グレナダ観光の旅行記を兼ねた写真集です。

《首都セントジョージズの街並み》

カリブの中でも最も絵になる町の一つと言われるグレナダの首都 St George's は、小高い山の斜面に建つパステルカラーの家並みが美しい町です。
《セントジョージズ湾》

とても穏やかで美しい海ですが、2009年の9月に上陸したハリケーン・アイバン(Hurricane Ivan)により大きな被害を受けたそうです。
《セントジョージズ湾の遊歩道》

とてものどかで気持ち良く散策できます。
《電話ボックス》

すごくいい感じのボックスですが、まだ使われているのでしょうか。
《セントジョージズ湾に浮かぶボート》

ボートと家屋のカラーのコントラストも素晴らしいです。
《フォート・ジョージ》

セント・ジョージ湾の西の小高い丘の上にある要塞跡 Fort George です。
《フォート・ジョージに残る砲台》

カリブ海では非常によくある景色です。
《フォート・ジョージから見たセント・ジョージズの町》

ジョージだらけですが、結局、誰なのかわかりませんでした。
《フォート・ジョージから見たセント・ジョージズの町》

少しズームアップすると港の雰囲気が少し違って素朴に見えます。
《フォート・ジョージから見た北側の風景》

北側には大型客船用のターミナルなどがあります。
《セントジョージズの路地》

休日ということもあって閑散としていますが、歴史を感じさせる街並みです。
《セント・ジョージズ大聖堂》

セント・ジョージズの丘の中腹に建つ Immaculate Conception Cathedral は、konomatino
シンボルの一つともされる教会です。元々は1804年に建てられた小さな教会に1818年に塔が増築され、1884年に現在の形になったものです。2004年のハリケーンで壊滅的な打撃を受けましたが、数年前にようやく修復が完了しました。
《アナンデール滝》

少し内陸部に入ったところにある Annandale Fall です。
何の変哲もない滝ですが、クルーズ船のお客様の人気スポットだそうです。
《トカゲちゃん》

できるだけ自分の立場を目立たないようにさせようとする位置取りの努力がとても愛らしいです。
《グランド・エタン湖》

アナンデール滝から更に少し内陸部にある、小さいのどかな Grand Etang Lake です。1周約1時間半のトレイルがあります。

《バスウエイ・ビーチ》

バスウエイというのはバス通りではなく、Bathwayです。
島の南西にあるセントジョージズから見て真反対の北東部にあるため、ほとんど人はいませんでしたが、きれいな海とビーチです。
《レヴェラ・ビーチ ①》

バスウエイ・ビーチの更に少し北西にある Levera Beach
は、4月から6月頃にかけて亀の産卵観察ツアーが行なわれる、その筋の方型の間では有名な場所だそうです。
私が訪問したのは12月だったので、亀はいませんでした。
《レヴェラ・ビーチ ②》

様々な注意書きが書かれたボードが掲示されていました。

・夜はビーチで白いライトは使用しないこと
・写真を撮るときにはフラッシュは使用しないでね
・静かにしましょう
・亀に触ったり、背中に乗ってはいけません
・ゴミは捨てないで下さい

などとのことです。
よろしくお願いします。
《レヴェラ・ビーチ ③》

それにしても亀が産卵に来るくらいなのでビーチそのものもとても綺麗です。
亀との共存共栄は本当に可能なのか心配になります。
《北西部の漁村》

Gouyave という村の近くの風景です。南国ムードたっぷりな感じがいいと思います。
《フォート・フレデリックから見たセントジョージズ》

セントジョージズの東にある要塞跡(Fort Frederick)からの様子です。真ん中左側に見える突き出した場所が先ほどのフォート・ジョージです。
《フォート・フレデリックから見たセントジョージズ中心部》

美しい街並みです。
なお、海に浮かぶ帆船は、後にセントビンセントの首都キングスタウンでもお会いすることになります。
《グランド・アンセ・ビーチ①》

空港とセントジョージズのちょうど中程にある Grand Anse Beach という人気のビーチです。
《グランド・アンセ・ビーチ②》

カリブ海のビーチはどこもきれいです。
《グランド・アンセ・ビーチ ③》

地元の人たちも海水浴を楽しんでいて何よりです。
《グランド・アンセ・ビーチ ④》

ここのビーチの外れにある港もとても美しいですね。



スポンサーリンク

ホテルを検索する

チェックイン日

チェックアウト日