本文へスキップ

海外旅行の参考サイト LovelyPlanet

旅の写真集  ドミニカ共和国HEADLINE

ドミニカ共和国観光の旅行記を兼ねた写真集です。

《旧市街のメインストリート》【世界遺産】

首都サントドミンゴ(Santo Domingo)の旧市街(Zona Colonial)の中心部を東西に走る歩行者専用の目抜き通りエル・コンデ通り(Calle El Conde)です。
両側には土産屋を始めとする商店が軒を連ねて賑やかです。
《エル・コンデ通り》【世界遺産】

石畳の歩道とレトロな街灯、色鮮やかな建物が、優雅な雰囲気を醸し出しています。
《カテドラル》【世界遺産】

旧市街の中心部にある、1540年に完成した大聖堂です。一時期(1992年まで)、コロンブスの遺骨が安置されていたこともあります。
《オサマ砦》【世界遺産】

1507年完成。原語では、Fortaleza Ozama 又は Fortaleza Santo Domingoと呼ばれています。
サントドミンゴの旧市街自体が城壁に囲まれている要塞となっていますが、その中心にある砦です。高さは18.5mとあまり高くありませんが、それでも完成当時は市内で最も高い建物だったそうです。
《アルカサルとスペイン広場》【世界遺産】

Alcázar は、コロンブスの子孫が3代に渡って住んでいたという建物で旧市街の入口にあります。正面に広がる Plaza España の周辺にはお洒落なレストランが並び、上品な雰囲気を漂わせています。
《プエルト・プラタのビーチ》

首都サントドミンゴは島の南側にありますが、島の北側には外国人などに人気の数多くのビーチが点在しており、ここ Puerto Plata は、最も有名なビーチの一つです。
リゾートホテルも多く建ち並んでいますが、街中は非常に賑やかで、夜遅くまでご機嫌な音楽が大音量で流れています。
《ラス・テレナス付近の椰子林と海》

プエルト・プラタから東に200kmほどのところにある Las Terrenas というビーチ周辺を近くの丘の上から眺めた景色です。中央に見える椰子の林の向こうがビーチになっています。
《ラス・テレナス・ビーチ》

この辺りには細かいビーチが点在しています。
とてものんびりした雰囲気ですが、1月から3月くらいまではホエールウオッチングも楽しめるそうです。
《ラス・テレナスのとあるビーチ・レストランの食事》

地元で獲れた鯛を軽く塩焼きにしたもので、シンプルですが素材の味が生かされていて、激ウマでした。日本人にお薦めのレストランです。
なお、ロブスターも売るほどありました。個人的にあまり興味が沸かないので遠慮しましたが、結構お手頃価格のようでした。興味のある方は是非試してみる価値がありそうです。
《ピニャコラーダと地元ビール》

ピニャコラーダ(Pina Colada)というのは、地元を代表する、ラムベースにパイナップルジュースとココナツミルクをブレンドしたカクテルです。通常はカクテルグラスに注がれて出てくるものですが、この店ではパイン1つをくり抜いて、そこに注ぎ込んだものをストローで飲むという、南国ムードたっぷりの演出が嬉しかったです。
《ボカ・チカ・ビーチ》

サントドミンゴからバスやタクシーで約30分、空港からだと、サントドミンゴとは反対側に車で10~15分ほどのところにある人気の Boca Chica ビーチです。
海も綺麗でアクセスが抜群なので、個人的には、わざわざ島の北側のビーチに長い時間をかけて行くよりは断然お薦めです。
世界遺産などに興味はない人は、ここだけ来て帰るくらいの覚悟でもいいかもしれません。
《ボカ・チカ・ビーチ》

ビーチにはお洒落なレストランも多く、値段もそれほど高くないので、昼間からビールやカクテルを飲んで、中南米のきれいなお嬢さんをチラ見しながらぐったりしているのもたまにはいいと思います。



スポンサーリンク

ホテルを検索する

チェックイン日

チェックアウト日