本文へスキップ

海外旅行の参考サイト LovelyPlanet

旅の写真集  ドミニカ国HEADLINE

ドミニカ国観光の旅行記を兼ねた写真集です。

《首都ロゾー中心部の街並み》

Roseau のダウンタウンで見かける木造で2階部分がせり出した伝統的家屋です。パステルカラーと相俟ってとても風情のある景観を作り出しています。
《首都ロゾーの商店》

デザインもいいですが、配色もお洒落です。
《首都ロゾーの街角》

やはりどうしてもちょっと2階部分が前に飛び出してしまうようです。
《首都ロゾーのメインストリート》

普通の大通りでも同様にせり出しています。相変わらず、皆さん色遣いには気を遣っています。
《ロゾーの路地から見る大型クルーズ船》

こちらは、今や、町で最も高い建物となってしまったクルーズ船です。まるでガリバー旅行記のようでもあります。
《メインストリートを塞ぐクルーズ船》

町のどこにいてもクルーズ船が見えるといっても過言ではありません。完全なランドマークとなっています。
《ロゾー川に架かる橋》

旧市街(向こう側)とその北西部に位置する住宅街を結ぶ橋のうちの一つです。
橋にまでパステルカラー(それも私が大好きな緑色)を使う所なんかは、本当に素敵な感性です。
《ロゾー川越しに見るクルーズ船》

それにしても、掃き溜めに鶴とまではいいませんが、この微妙なバランスはシュールですね。
《ドミニカの自然 ①》

ドミニカというのは、他のカリブ諸国とはちょっと傾向が違い、ビーチ・リゾートというようなものはあまりありません。その代わり「カリブ海の植物園」(The Nature Island of the Caribbean)のニックネームを持つほど植生が豊かで、ちょっと町を離れるとジャングルのような自然に満ちあふれています。
《田舎道にぽつんと佇むお洒落なお店》

なんかとても気配りが感じられるお店です。果物やお土産などが売られていました。
《ドミニカの自然 ②》

天然(ではないと思いますが)のバナナも当たり前のように道端にぶら下がっています。日光のいろは坂の猿が見たら大喜びしそうな光景です。
《トラファルガー滝 ①》

この日は、島で一番の人気スポットであるトラファルガーの滝を訪問しました。日本語で書くと解りづらいですが、英語では Trafalgar Falls と言います。
実は2つあるんですね。こちらは、Higher Fall と呼ばれています。
《トラファルガー滝 ②》

こちらが Lower Fall です。
《トラファルガー滝 ③》

更に言うと、この2つの滝は並んでいるので、一緒に写真に収めることもできます。
左側の Higher Fall が随分傾いているように見えますが、実際こんな感じで見えます。
《トラファルガー滝 ④》

滝の近くには係留が流れていて、所々で天然のプールができています。それ自体はよくある自然の景観ですが、外国人観光客などは、下着に水着装着で訪れていたりして、結構思い入れが激しい様子でした。まあ、それも海外でよく見る風物詩のようなものですが。
《ミニバス ①》

クルーズ船のお客様は、このような美しいバスで島内を観光したりします。
トラファルガー滝は最大の人気スポットなので、世界中のどんなセレブでもこんなにかわいらしいバスで移動するのです。
《温泉》

トラファルガー滝の近くに Wotten Waven という名の硫黄泉があります。
箱根の大涌谷などと比べたら子供のようなものですが、ここもクルーズ客必見の観光スポットです。
《ミニバス ②》

こちらは、町に帰って道端に路駐してあったバスです。世界中のセレブが乗るにもかかわらずセキュリティーは万全ではないようです。
《KFC》

アメリカ資本のある鶏の唐揚げ専門店の内部の様子です。この国には1軒しかありません。そのためか町で圧倒的に一番混んでいます。たまには奮発して食べてみようかと思いましたが20分くらい並ばなければいけなそうだったので情けなくなって諦めました。だって日本でも食べられるもの。じゃあ、最初から入らなければ良かったのに。
《夕食セット》

という訳で、カリブ海の島々では、最早すっかり定番となった中華のテイクアウトと地ビールの組み合わせです。うまいんだなこれが。因みに、カリブの国々はどんなに小さい国でも一部の例外を除いてナショナル・ブランドを持っています。ドミニカはKubuli というブランドで、味は普通ですが、ブリュッセルで行なわれた2002年のモンドセレクションで金賞を受賞したという逸品です。
《メルビルホール空港》

国際線が就航する Melville Hall 空港は、国際空港としてはとても小さい部類です。この写真は一部ではなく出発ロビーのほぼ全てを写しだしています。
ただ、小さいけれどそこそこ綺麗です。
《リアット航空機》

カリブ海でトップシェアを誇る Liat 航空の飛行機です。
比較的、遅延も少なく、信頼できる航空会社です。


スポンサーリンク

ホテルを検索する

チェックイン日

チェックアウト日